オンライン英会話教室 イングリッシュベル

オンライン英会話スクール紹介の引き続きです。

イングリッシュベル(English Bell) があります。

イングリッシュベルの特徴は、ひとつはDMEメソッドが魅力的なことです。

DME ( Direct Method for English ) は、1800年代後半にドイツやフランスで、主にベルリッツメソッドとして使用されはじめたダイレクトメソッド(直接教授法)という手法を 使用した英会話カリキュラムです。ダイレクトメソッドはベルリッツメソッドをはじめ、カランメソッドなど多くの私設英会話スクールで世界中で使用されており、その効果は他のどんな学習法よりも注目されています。 DMEはカランメソッドを長年教えた先生たちが2000年初めから開発を始めて完成させた、数あるダイレクトメソッドの中でも新しい英語学習メソッドです。DMEメソッドは3年に一度程のペースで新しいエディションに進化するため、常に最新の内容でタイムリーな話題を元にレッスンをすることができるのが特徴です。現在は現在は日本では2014年より使用が開始された最新のDME 3rdエディション(International edition 2013)が使用されています。

大変効果が高いと評判の教授法です。

そしてもう一つは、カランメソッドも受けられることです。
カランメソッドは、“4倍のスピード英語を学習する事ができる”非常に優秀な英語学習法で、DMEメソッドと並び世界中の学校で利用されています。
レッスンは、講師からの素早い質問に返答する形式行われ、“頭を使わずに体から自然と英語が飛び出す”ような「英語瞬発力」の向上を目的としており、「これまで英語を勉強をしてきたけど話せない」と言う方に最適なレッスンとなっています。
オフィス設備と最新機器での対応
オフィスのインターネット設備イメージ
イングリッシュベルのオフィスには2本の専用光ファイバー回線が引かれており、オンライン環境が途切れたり通話音質が悪化する事に徹底的に対応されています。
特に停電などが多いフィリピンですが、オフィスには「発電設備」と各講師のパソコンには「小型の無停電電源装置」が完全装備されており、レッスン環境の維持向上に最大の力が注がれています。
イングリッシュベル老舗スクールの強さ
イングリッシュベルは、コスト(レッスン料)・学習スタイル・コース・講師・通信設備、どれを取っても業界で「NO.1」水準となるスクールで、新規参入スクールとは一味違います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です