新学心オンライン英会話

ダウンロード (2)

オンライン英会話のENC/GNAと提携し、目的に応じた様々なコースを用意している進学心オンライン。フィリピン人に英語を習うことに抵抗がある人も多いですが、進学心オンラインでは日本人受講者から信頼される講師に育てるための厳しい研修を行っており、研修で指導が適正なレベルに達した人材のみを講師として採用しています。

フィリピンには多くの世界的な企業の支社やサポートセンターが多く設けられていますが、これはフィリピン人の英語力が評価されている証でもあります。レッスン料金は通常30回(1回25分)で6,111円ですがキャンペーン中は3,700円でレッスン単価はなんと123円。30回を一人で消費できない、という人には家族でシェアできるプラン(+926円)をチョイスすれば複数人でレッスン回数を消費することも可能です。

一般のコースの他、ビジネス英語、TOEIC対策、英検対策などのコースも用意されており、それぞれ指定のテキストに沿ってレッスンを行うシステムです。無料レッスンは3回まで可能なので自分にあっているかをじっくり見極めたいという人はそちらから初めてみるのも良いでしょう。

 

 

Pinas Academy

images (5)

Pinas Academyはフィリピンのコンピューターコンサルティング会社が日本のNPO法人と共同して運営しているオンライン英会話スクール。講師は全員フィリピン人で、指導経験豊富な人材を揃えています。

公式サイトでは講師のプロフィール詳細ページでレッスン履歴 / 受講者のコメントを確認できるので、レッスン前に講師の評価を見たいという場合にも安心。中級レベルのクラスでは教材としてその日のニュースを取り上げてセッションをするスタイルなので、常に旬の話題について自分の言葉で意見が言えるようにしたいという人にもオススメです。

初級~中級の一般的なクラスの他、併設されているユニークなクラスがPinas SongとPinas Counselingの2つのコースです。Pinas Songは英語の歌を正しい発音で歌えるようにするためのコース。(カラオケで他の人に差をつけたい!という人にはピッタリのコースです)

Pinas Counselingは普段の愚痴や悩み(英語学習と関係ない話題OK)を英語で相談するコース。フィリピン人の講師に相談すれば日本人とは違った価値観や人生観で意外な解決の糸口がみつかるかもしれません。相談しながら英語も自然と身につくので一石二鳥ですね。一般的なコースは月10回で4,500円(単価450円)、レッスンは10分前まで予約が可能なので思い立ったときにすぐにレッスンを受けたいという人にも向いています。

グローバルコミュニケーションズ

images

グローバルコミュニケーションズは約10年前に設立されたオンライン英会話スクールで、現在では講師数として90名を超える規模で運営しています。講師は英米人が中心でプライベートレッスンは15分単位(1レッスン1,800円)で3セット(45分)まで続けて予約することが可能です。

TOEIC、TOEFL、英検などの資格対策コースのほか、一般英会話、ビジネス英会話、旅行英会話などの目的別コースも併設されています。オンラインレッスンでは基本的には双方のカメラを使いますが、自宅にPCがない、という人向けの電話回線を使った音声のみのレッスンも行っています。(通話料はスクール側が負担)レッスンではレベルに応じた指定のテキスト(市販のもの)+オリジナルの教材を合わせて使用するので、フリートークが苦手な人も安心。

グローバルコミュニケーションズでは不登校の児童に対しての支援も行っており、該当する児童に対しては英語のレッスンを無料で行っています。児童支援の事業として特区学校法人やNPO学校法人とも連携しており、各地のフリースクールと連携し児童の教育をサポートしています。言葉を介して安らぎを得る「ランゲージセラピー」をモットーにレッスンを発信しているため、厳しすぎる英語レッスンよりは英語を話して癒されたい、という人にはオススメですね。